tkcphotos

カメラ好きパパの日常

ライカにサムレストは必須?→自分的には必須でした

ライカにみんな付けてるのでは?と思ってしまうほど、ライカユーザーのブログで見かけるサムレスト。

今回はこの話。

(ライカ購入の話を書きたかったけど、長くなるので、また今度)

 

f:id:tkcphotos:20190906013149j:image

 

マップカメラでライカM-Eを購入するとき、ちょうど中古で入ってきたサムレストも併せて購入した。

買った理由は、、、

 

 

 

ライカにサムレストは当たり前、みんな付けてる(と思っている)からだ。

 

実際はそんなこともないようで、新しめのライカ(M10とか)は持ちやすいのか、付けてない人も多いのかも。

 

自分が購入したのは、マッチテクニカルのサムズアップ EP-1Sの中古。

値段は、、、ライカ関連のアクセサリーは漏れなく高い。

 

だが、これは買ってよかった。

目的はもちろん、ホールド性の向上。

サムレストがなければ、何回も落としてると思うし、シャッター押下時の安定にもつながっている。

むしろ、標準として付けて欲しいくらいだ。

 

f:id:tkcphotos:20190906013156j:image

matchtechnical Thumbs Up EP-1S

 

 

また、ホールド性以外に、この製品に期待していることがある。

それは、エイジング。

見てわかる通り、素材は真鍮だ。

(実は見た目で断言できず、ぐぐったらbrassと書いてあった)

 

アクセサリーシューに差し込むところは、真鍮の地が見え始めている。逆に装着時に見える部分では、梨地のメッキが剥げておらず、これから自分色に染めることができるはず。

 

ライカM-Eのボディと一緒に、自分のよく触れるところから真鍮の地が出てくるといいなと思いつつ、必要以上に擦るように触ってしまっているが、自然なエイジングを期待しているので、今後はやめておこう。

 

今まで所有してきたカメラでは、革のストラップを除き、エイジングを楽しむということは考えもしなかった。

ライカはエイジングも楽しむことができる、見て楽しめる最高のカメラだと思う。